Responsive image

金研究室について

人々のQOL( Quality of Life )の向上に繋がる、画像や信号処理技術の応用に関する研究を行っています。

医用画像処理

CT (Computed Tomography) 画像、MRI (Magnetic Resonance Imaging)、CR (Computed Radiology)、顕微鏡などの医用画像に対し、画像処理技術を用いたコンピュータ診断支援 (Computer Aided Diagnosis) システムの開発を行っています。CAD技術の適用により、病変部の強調処理、解析しやすい画像の提供、特徴量解析による候補陰影の検出法などを行っています。結果、病気の早期発見・早期治療に貢献できます。

動画像処理

人の動作や姿勢の解析は、行動パターンの認識やスポーツトレーニング、リハビリテーション分野などに広く応用される技術です。本研究室では、3次元センサの一つであるKINECTや簡便なUSBカメラを利用した、人物の姿勢推定法に関する研究を行っています。また、ロボットなどの自律走行に必要なナビゲーションシステムの開発も行っています。さらに、コンテナ映像からのクレーンの把持位置を検出するための画像解析法の研究も行っています。

一次元信号処理

一次元または二次元の信号データを解析することで有用な情報を取得します。本研究室では、パワーデバイスの一つであるIGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor) の、製造過程で得られる一次元信号または画像データからの特徴量を解析し、IGBTの良・不良品判定を行うためのシステムを開発します。また、二次元信号として得られるパワーデバイス超音波画像の画像診断法の開発を行います。

ロボットビジョン

少子高齢化による労働人口の減少を補うため、工場内の自動化・無人化の要求が高まっています。物流産業におけるピッキング作業も例外ではなく、自動化による効率化が求められています。本研究では、深層学習や従来のパターン認識法を用いて、ロボットに取り付けたカメラ映像からの物体の検出・認識を行い、自動でピッキングを行う画像解析法を開発します。

深層学習

AIの限界を越える次世代深層学習モデルの研究を行っています。

更新履歴

Twitter 金研公式アカウントにて、ウェブサイトの更新内容をツイートしています。
学会参加の情報や、研究の進捗、金研のイベントなどの情報も見ることができます。

ギャラリー

金研の歴史を写真で学べます。主に過去のイベント・学会発表での写真を載せています。

スライドショーをクリックするとギャラリーへジャンプします。