Responsive image


QOLの向上のために

神谷研究室では、人々のQOL( Quality of Life )の向上に繋がる、画像や信号処理技術の応用に関する研究を行っています。

特に医療分野においては、コンピュータの解析結果を”第2の意見”として利用するCADの開発に積極的に取り組んでいます。

あなたも神谷研究室の一員になりませんか?



神谷研究室

    神谷研究室は「医用画像処理の研究室」ではありません。最近では一般画像を対象とした動画像処理など多岐にわたる分野の研究も行っています。特に低解像画像の高解像度化や音響信号処理に力を入れています。 神谷研究室は大学院に進学している学生数が多く(社会人博士:2名、修士2年:7名、修士1年8名、:学士4年7名)、後輩に対するサポートが非常に充実しています。 「研究をやっていけるかどうか心配だ」や「就職活動など自分の進路に不安がある」といった悩みがある方も多いかと思いますが、全力でサポートします。 また、神谷研究室は「やる時はやる、楽しむときは楽しむ」をモットーにしています。最近は行えていませんが、研究室旅行、スポーツ大会や工大祭への店舗出店など、学習面以外でも充実している楽しい研究室です。 「画像処理に興味がある」「人工知能・深層学習について学びたい」「仲が良い先輩が在籍している」「楽しい研究室が良い」... どんな理由でも構いませんので、是非神谷研究室でともに学びましょう!

Responsive image

ホームページ